整体師の資格を取得してやりがいのある仕事を始めよう

男の人と婦人

安定した雇用が魅力

ナース

専門性が高い職業

義肢装具士は、看護師や理学療法士、歯科衛生士などの他の医療系国家資格と比べても、とりわけ専門性が高くなっています。専門性が高い職業の特色として、一度職業的な技能を身につけると、安定した雇用を受けられる点があげられます。病院や義肢製作所が主な勤務先となりますが、一般の企業に勤めるサラリーマンのようにリストラ等を心配する必要はほとんどありません。義肢装具士養成学校を卒業して就職した後、定年までずっと同じ職場で働き続ける人が多くなっています。雇用が安定していることで知られる公務員のように、退職するまで長く勤務したいという人に向いている仕事だといえるでしょう。また、義肢装具士としての技術を磨くことで、転職や独立開業もおもいのままです。

資格がなくても就職できる

国家資格である義肢装具士資格を取得するには、大学や専門学校などの指定された養成学校を卒業し、試験に合格する必要があります。ただし、民間の義肢製作所等に就職するときに、必ずしも義肢装具士の資格を持っていなくてはならないというわけではありません。義肢装具士養成学校を卒業していれば、資格を持っていなくても採用してくれる企業や病院もあります。資格がなくても就職は可能であることを覚えておきましょう。国家試験は例年2月の末頃に実施され、3月末頃に合格発表があります。試験を受ける前に、養成学校を卒業予定の人たちのほとんどが就職先を決めてしまいます。そのため、仮に試験に落ちてしまったとしても、そのまま採用されることになり、翌年以降に再受験するのが一般的です。